チョモのブログ"asymmate_memo"

お絵描きとゲーム実況のチョモがヌルッと語るブログです

2018年に買ったCSゲームソフト総括

あけましておめでとうございます。

年末年始セールも終わりましたが、とりあえず振り返ってみようかと思います。

タイトルと、プレイしていれば感想を。ネタバレなし。今年発売の新作タイトルは(新)をつけています。

ファイナルファンタジー15

年始の例の投げ売りセールで購入。結局体験版の終盤まですらプレイしなかった。やっぱり安価で手に入れたゲームソフトってのはまともにプレイしないものなのかもしれないですね。ある程度の価格で、それ相応の意気込みというものが必要なのかなと思います。

オーバーウォッチ

マルチのFPS欲が高まって購入。体験版では難しいと感じていたけど実際はそこまで狭き門ではなかった様子。キャラクター達も個性が立っていて魅力的(日本版声優のキャスティングも最高)。ただ、操作に慣れてくるとほかのFPSよりもストレスの加速度がキツいと感じました。フレンドでパーティを組んでボイチャしながらワイワイやるのが前提になってくるような気がしました。フレンドにオーバーウォッチを持ってる人が皆無なので脱落。

(新)モンスターハンターワールド

据え置き機へおかえりなさい。グラや操作性の向上は言わずもがなでしたね。気軽にフレンドで協力プレイできるのも良かった。例の相棒とストーリー、巨大ボス戦はもう少しなんとかならなかったのかなと首を傾げたい所。可愛い系の装備も物足りなかった……のでストーリー終えてウルムー装備とキリン装備揃えて操虫棍コンプリートした時点で脱落。

(新)FARCRY5

個人的に2018年一番楽しかったオフラインゲームでした。シナリオのオチには毎度クセがあり賛否両論になりやすいということを聞いていたのでストーリー面でも問題なし(というか大好き)。

オープンワールドFPSで単純に画面としても派手で実況も盛り上げ易く、それでいて物語もあるってんだから楽しいことこの上ない。敵や味方のAIが絡み合って良い意味で意味のわからない戦闘も起きやすくて最高。

春には十数年後を舞台にした、シリーズとしては異例の続編も出るということで破茶滅茶に楽しみです。

ペルソナ5

買ったのは2018年ではないけれどプレイは年内だったので挙げておきます。やはり配信できないのが個人的につらかった。ネタバレさせたくないメーカーの意向も納得できるようなシナリオではありました。面白かった。UIデザインがキレッキレなのが凄く気に入ってます。ちなみに自分は春ちゃんを彼女にしました。

(新)クラッシュバンディクーぶっとび3段もり!

初期PS席巻時代は友人宅で少しだけプレイしたことがあった。なかなかに今回のリメイクは難易度調整がされて難しくなってるらしい、ということは聞いていたけれど、その身構えがあっても尚つらい場面が多くて途中で挫折。

配信していてもなかなか人が集まるようなタイトルでもないようなので自宅に来客があったときなんかに皆でやるのが丁度いいんだと思います。

ワンダと巨像

感想は以前長々と別記事で書いたので割愛。

PS4版ワンダと巨像、プレイを終えての感想 - チョモのブログ"asymmate_memo"

(新)MARVELスパイダーマン

実況が途中で止まってて申し訳ないです。どこかのタイミングで最後までやり切るつもりです。頑張ります。

フォートナイト

なんかよく分からないけど独特の「寒さ」みたいなものが漂っていて長く続かなかった。

プレイ中に音楽無いのも仕方ないけど気にはなってしまうし(効果音もなんか不穏)、試合の緊張感に緩急が無くてオジサンにはとてもキツい。

(新)Call of Duty :Black Ops 4

最終的にスナイパーからのクイックショットでキルを取られるのが生理的に無理なので離脱。ずっとBF1をプレイしてきた身として撃ち合いの駆け引きがあまりにも浅くて(一度被弾したあとに隠れて相手の裏を取って撃ち返す等々)

(新)END OF ETRNITY 4K HD EDITION

リメイク作品。リーンベルちゃんの為だけに買ったけどバトルチュートリアルの内容が複雑すぎて挫折。

サマーレッスン:新城ちさと

ちさとちゃんホンマにかわいい。PSVRのスペックをフルに活かすのは対象物との「近距離感」にあると実感した作品。そもそもPSVRの画質はかなり残念なものなので、見たいものが遠ければ遠いほど荒くなり残念感が増してしまいます。逆に言えば近いものほど気にならなくなる。そんな実態とソフトとしての楽しみ方がカチッとハマったのが今作だと思います。

(新)バトルフィールド5

Battlefield V|オンラインコード版

前作に比べて残念な部分が増えたのは間違いなしなんですが、それでもやっぱりプレイしていて楽しいです。特に今回は分隊での行動で生じるメリットがとても多く、フレンドとの連携が非常に楽しめる造りになっていると思います。逆に言えば野良とか1人プレイ視点で見るとどのモードにおいても辛いことがとても多く、シャイな日本人には特に厳しい仕様なんじゃないかと思ってしまいます。そんな方々は思い切ってボイスチャット設定をオンにして実況しながらプレイしてみるとサクッとフレンドさんができたりすることもあるのでオススメします(設定でオンにしててもマイクは切っている人が沢山いるのですが、結構耳を傾けてくれているので試合後にフレンド申請してみると意外と承認されることもありますよ)。

まとめ

BFVに関しては毎日プレイしているのでまたまだ語りたいことはあるんですがどこまで需要のあることなのかわからないので自重します。

昨年はやはり最後まで遊び切った作品が少なかったように思います。マルチが楽しくて止められないと、他の名作に触れる機会がガクっと減ってしまいますね。それはとても勿体のないことだと僕は思うので2019年はもっと多くの作品を最後まで遊び切れたらなぁと思います。

今年も宜しくお願い致します。